第 4457 回

令和2年個人情報保護法改正への実務対応
~データ利活用と民間の自主的取組の促進を中心に~

会場受講LIVE配信動画配信
2021年2月2日(火) 13:30~16:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階 地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

渡邊 涼介
光和総合法律事務所
弁護士

講演趣旨

 令和2年6月に個人情報保護法改正が成立し、令和4年6月までに施行される予定です。同改正には、自身の個人情報に対する意識の高まり、技術革新を踏まえた保護と利活用のバランス、越境データの流通増大に伴う新たなリスクへの対応等の観点から、様々な改正が含まれています。個人情報保護委員会は、改正法に関連する政令・規則等の整備に向けた論点について継続的に検討しており、特に、政令・委員会規則は、令和3年1月中に意見募集(パブリックコメント)が実施される予定です。
 本セミナーでは、これらの最新の情報を踏まえて、令和2年個人情報保護法改正について、特に、データ利活用と民間の自主的取組の促進という観点から、今後必要な実務対応について、解説します。

補足案内

●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。

講演項目

1 個人情報保護法の基礎
(1)現行個人情報保護法の仕組み
(2)法的枠組み
(3)プライバシー保護との関係
2 令和2年個人情報保護法改正の概要
(1)趣旨
(2)改正の全体像
(3)全体スケジュール
3 令和2年個人情報保護法への実務対応
(1)取得・利用の場面
(2)管理の場面
(3)第三者提供の場面
(4)本人対応の場面
4 完全施行までに必要となる対応

講師紹介

渡邊 涼介 (わたなべ りょうすけ) 氏
 IT、ITCに関連する企業を中心に、データの利活用をプライバシー・個人情報保護と調和して実現させる観点からの法的助言を行う。2007年弁護士登録。2014年~2017年総務省総合通信基盤局専門職。2019年~2020年内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)サイバーセキュリティ関連法令の調査検討等を目的としたサブワーキンググループ タスクフォース構成員
<関連著作>
 『データ利活用とプライバシー・個人情報保護 最新の実務問題に対する解決事例108』(青林書院,2020年),『企業における個人情報・プライバシー情報の利活用と管理』(青林書院,2018年)、「データ利活用と民間の自主的取組の促進」ジュリスト1551号(2020年)42頁等