第 4502 回

「顧客本位」の時代の金融サービス仲介業務
~金融サービスを巡る事業環境の変化と実務的な対応~

会場受講LIVE配信動画配信
2021年4月8日(木) 13:30~16:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階 地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

仲田 信平
西村あさひ法律事務所
カウンセル弁護士

講演趣旨

 本年6月、IT技術の進展と、多種多様な金融サービスのワンストップ提供に対するニーズの高まりを受け、「金融サービスの利用者の利便の向上及び保護を図るための金融商品の販売等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、金融サービス仲介法制が創設された。具体的には、登録を受けた金融サービス仲介業者は、預金等媒介業務、保険媒介業務、有価証券等仲介業務又は貸金業貸付媒介業務を行うことができ、さらに一定の要件を備える業者は、電子決済等代行業の登録手続きの省略が可能となる。
 金融サービス仲介法制に関して特徴的なのは、従前の銀行代理業、金融商品仲介業及び保険募集人において採られた所属金融機関制の不採用と、顧客からの要求に応じた手数料等の開示義務であろう。このような枠組みにより、「顧客本位」の時代に相応しく手数料等を巡る業者間の競争は加速すると予想されるが、他方、所属金融機関による指導を通じた適切な業務運営の確保や損害賠償資力の確保が見込まれなくなるため、行政当局や金融サービス仲介業協会による監督の目線はかかる枠組みに応じたものとなり、また金融サービス仲介業自身による保証金の供託が義務づけられた。
 本セミナーでは、銀行代理業、保険募集人、保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業及び電子決済等代行業といった従来の規制との比較を行いつつ、金融サービス仲介業に関する法制度を、関連する規制の全体像を把握し、主要な項目を検討する。

補足案内

●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。

講演項目

1.金融サービス仲介業の範囲
(1)仲介行為とは
(2)取引可能な商品・サービスの範囲
2.参入規制
(1)財産的基礎
(2)兼業規制
(3)その他の登録要件及び登録手続き
3.業務に関する一般的な規制
(1)顧客に対する誠実義務
(2)手数料、報酬及びその他の対価の額の開示義務
(3)顧客に対する説明義務
(4)顧客情報の適正な取扱い
(5)顧客資産の受入れの禁止
4.監督及び紛争の処理
(1)当局による監督
(2)認定金融サービス仲介業協会(自主規制機関)による監督
(3)指定紛争解決機関(金融ADR)による紛争の処理
5.個別的に適用される規制 (「機能」ごとの特性に応じた規制)
(1)預金等媒介業務に関する規制
(2)保険媒介業務に関する規制
(3)有価証券等仲介業務に関する規制
(4)特定金融サービス契約に関する規制
(5)貸金業貸付媒介業務に関する規制
(6)電子金融サービス仲介業務に関する特例
6.その他
(1)金融商品販売業者等に対する義務等
(2)消費者契約法に基づく規制
(3)個人情報保護法/金融分野における個人情報保護に関するガイドライン
(4)犯罪収益移転防止法に基づく規制

講師紹介

仲田 信平 (なかだ しんぺい) 氏
 デリバティブ、アセット・マネージメント及びバンキング、証券化案件、各種金融レギュレーション、キャピタル・マーケッツ、アジア上場案件等に従事。東京大学、ノースウェスタン大学ロースクール卒業。97年弁護士登録、98年あさひ法律事務所(現西村あさひ法律事務所)入所、03年~06年 ゴールドマン・サックス証券会社勤務。