第 4644 回

衛星通信をはじめとする宇宙ビジネスの最新動向と将来展望
-DX時代における宇宙利用ニーズをどのようにとらえるか-

LIVE配信動画配信
2021年9月8日(水) 9:30~11:30
※本セミナーに会場受講はありません。応募は「LIVE配信」または「動画配信」のどちらかでお願いします※
地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

渡邊 敏康
株式会社NTTデータ経営研究所
社会システムデザインユニット パートナー
デジタルソサイエティ&テクノロジーグループ グループ長 博士(工学)

講演趣旨

 先般、イーロン・マスク氏率いるSpaceXの衛星通信事業Starlink(スターリンク)から、今年8月から極域を除く世界全域で高速インターネットサービスを提供できるとの発表がなされました。
 宇宙産業分野では、再利用型ロケットや小型衛星(衛星コンステレーション)によって宇宙ビジネスを牽引してきた従来企業(Established Space)に加えて、近年は新興企業(New Space)が活発に参入してきています。
 本講演では、宇宙産業の近時の市場動向を捉えつつ、通信衛星などの特徴を整理したうえで、Beyond 5GをはじめとするDX(デジタルトランスフォーメーション)時代における今後の宇宙利用ニーズについて考察します。

補足案内

●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。動画の視聴期間は、ご案内開始から4週間です。

講演項目

1.宇宙産業の市場規模
・世界及び日本の宇宙産業の市場規模
・将来の宇宙産業の市場規模
2.衛星通信のトレンド
・通信衛星の分類と特徴
・静止通信衛星と非静止通信衛星のトピック
・光通信と量子通信
・5G/Beyond 5G時代における衛星通信のトレンド
3.デジタルトランスフォーメーション(DX)と宇宙利用
・DX(デジタルトランスフォーメーション)とCPS(サイバー・フィジカル・システム)
・宇宙利用の現在及び将来として期待される分野・テーマ
4.まとめ

講師紹介

渡邊 敏康 (わたなべ としやす) 氏
 三菱重工業株式会社 名古屋航空宇宙システム製作所、日産自動車株式会社 商品企画本部を経て現職。宇宙・航空、自動車・交通、Beyond 5G/ポスト5Gをはじめとする情報通信分野のR&D戦略、中央省庁における技術戦略、国際標準化戦略、商品企画支援、産学連携事業などの支援を行っている。