第 4652 回

金融サービス仲介業の法規制とビジネスモデル
~不動産×金融による「総合投資サービス」の可能性~

会場受講LIVE配信動画配信
2021年9月15日(水) 13:30~16:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階 地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

石井 くるみ
日本橋くるみ行政書士事務所 代表 不特法アドバイザー
国交省『FTK活用検討会』総括会・委員

講演趣旨

 「金融サービス提供法」が2021年11月1日に施行され、銀行・証券・保険といった金融サービスをワンストップで提供することを可能とする新ライセンス「金融サービス仲介業」が始動する。
 本講演では、不動産や金融の取引規制の法的アドバイスを専門とする講師が、まず日本の金融サービス仲介規制の全体像と、令和3年新設「金融仲介サービスの法規制を解説する。さらに、令和3年に上場した大手IFA法人のビジネスモデルを詳しく分析したうえで、不動産ビジネスにおける金融サービス仲介業の活用提案、並びに金融サービス仲介業×不動産特定共同事業のシナジー効果について解説する。

補足案内

●本セミナーへの同業者(士業及びコンサルタント)の応募はご遠慮ください。
●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。動画の視聴期間は、ご案内開始から4週間です。

講演項目

Ⅰ. 日本の金融サービス仲介規制の全体像
1. 金融サービス仲介業と各種ライセンスとの比較および事業機会
2. 金融サービス仲介業が不動産業界に与えるインパクト
・大手IFAによる不動産事業参入の動向
・[不動産」と「金融サービス」のクロスセル
3. 令和3年新設「金融仲介サービス業」の基本ビジネスモデル
Ⅱ. 金融サービス仲介業の法規制、ライセンス取得・申請要件
1. 金融サービス仲介業の業務範囲
2. 金融サービス仲介業の登録要件と申請手続き
3. 金融サービス仲介業のコンプライアンス要点
Ⅲ. 不動産ビジネスにおける金融サービス仲介業の活用提案
1. 不動産市場を取り巻く環境の変化
2. 顧客の「住まいの相談」から「家計全般の相談」への転換
・テクノロジーを活用した家計診断
・住宅ローンや保険の見直し提案
Ⅳ.金融サービス仲介業×不動産特定共同事業のシナジー効果
1. 不動産特定共同事業法の基礎知識
・4つの許可種別(1号~4号)
・不特法商品の事例解説
2. 不特法許可取得による他のIFAとの差別化

講師紹介

石井 くるみ (いしい くるみ) 氏
 不動産と金融規制を専門とし、これまで40社を超える企業の不動産ファンド事業参入を支援。ファンド法務に限らず、戦略立案から商品設計、会計実務までを、各分野の専門家と連携してワンストップでサポート。2020年6月、国土交通省『不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会』総括会の委員に、2021年6月『一般社団法人不動産​特定共同事業者協議会』アドバイザーに就任。不動産金融の理論と実務の両面を踏まえたFTKの様々な活用手法を提言している。
 主な著書・論文: 『民泊のすべて』(大成出版社、2017年度日本不動産学会著作賞受賞)、『不動産特定共同事業(FTK)のすべて』(月間不動産フォーラム21連載)、『不動産クラウドファンディング事業化のポイント』(全国賃貸住宅新聞に連載)など