第 4665 回

ベトナムでのビジネス展開において留意すべきポイント
~ベトナム駐在弁護士が現地から最新の法律実務を詳細に解説~

LIVE配信動画配信
2021年9月8日(水) 13:30~16:30
※本セミナーは会場受講ではなく、オンラインのみの講演です※
地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

西尾 賢司
森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士
ホーチミンオフィス駐在

講演趣旨

 ベトナムは、近時、ASEAN諸国の中でも日本企業の進出・投資先として特に注目されている国のひとつです。ASEAN諸国は多くがコロナ禍により苦しい状況にありますが、日本からベトナムへの進出・投資は依然として盛んでその数も一層増加しています。
 ただ、ベトナムの法律には日本の法制にはない複雑さがあります。またその解釈も曖昧で、それらが日本企業によるベトナム進出・投資の足枷となることも少なくありません。
 そこで本講演では、ベトナムに駐在し現地事情にも精通した講師が、現地での経験も交えながら、日本企業がベトナムでビジネスを展開するうえにおいて、実務上特に留意すべきポイントについて具体的に解説します。

補足案内

●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。動画の視聴期間は、ご案内開始から4週間です。

講演項目

1. ベトナムへの進出時の留意点
a. 進出方法
b. 外資規制
c. M&Aに関する留意点
d. デュー・ディリジェンスで発見される問題点
e. M&Aの手続に関する留意点(M&A承認・送金規制・企業結合規制)
2. ベトナムへの進出後の留意点
a. 会社運営に関する基本的事項
b. 労務に関する留意点
c. 贈賄等のコンプライアンス上の留意点

講師紹介

西尾 賢司 (にしお けんじ) 氏
 森・濱田松本法律事務所ホーチミンオフィスの開設当初からホーチミンに駐在して活躍している。日本企業のベトナムへの進出・投資(拠点設立、M&A、ジョイントベンチャー等)や不動産開発案件を主に手掛けている。現地事情にも詳しく、現地法人の労務その他の日常法務を含め、ベトナム法務全般へのアドバイスにおいて豊富な経験を有する。
関連著述
 『アジア新興国のM&A法制(第3版)』(商事法務 2020年、共著)、『ベトナムのビジネス法務』(商事法務 2018年、共著)、「ベトナムにおける不動産開発のストラクチャーとその留意点」(ARES不動産証券化ジャーナル 2020年6月1日号 共著)など