第 4751 回

海外インフラプロジェクトの契約実務
~JV契約、EPC・建設契約における契約管理のポイント~

会場受講LIVE配信動画配信
2022年2月8日(火) 13:30~16:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階 地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

島 美穂子
森・濱田松本法律事務所
パートナー弁護士
岸田 梨江
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
弁護士

講演趣旨

 近年、日本企業が海外のインフラプロジェクトに参画する際に、他の日本企業または現地企業とジョイント・ベンチャー(JV)やコンソーシアムを組成してプロジェクトを進めることが増えています。それにつれ、海外インフラプロジェクトの契約交渉や管理が適切に行われず、JVパートナーや海外の発注者との間でトラブルになる事例も生じています。
 そこで、本セミナーでは、トラブル予防の観点から、まずJV契約における基本と実務上の留意点について説明します。また、海外インフラプロジェクトにおいては建設リスクの管理が重要です。FIDIC(国際コンサルティング・エンジニア連盟)の契約約款等も踏まえながら、コントラクター、発注者等の視点から、EPC(設計・調達・建設)・建設契約の基本と実務上の留意点について解説します。

補足案内

●企業内弁護士を除き、本セミナーへのご同業の応募はご遠慮ください。
●本セミナーのLIVE配信は、Zoomを利用します。
●動画配信は、開催当日、ご都合によりご参加になれない方に提供するサービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内のご案内開始を予定しております。動画の視聴期間は、ご案内開始から4週間です。

講演項目

1 海外インフラプロジェクトへの参画
2 JV契約
(1)JVの組成に関する留意点
(2)JV契約の基本と留意点
・JV契約・株主間契約の主要項目
・交渉ポイント
3 EPC・建設契約
(1)EPC・建設契約の基本
・EPC・建設契約の分類、種類
・主要な契約約款
(2) EPC・建設契約の留意点
・業務範囲の特定と変更
・設計責任
・責任の限定
・不可抗力
・紛争解決
4 質疑応答

講師紹介

島 美穂子 (しま みほこ) 氏
1999年東京大学法学部卒業。2008年ニューヨーク大学ロースクール卒業。2019年から資源エネルギー庁 総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会及び同分科会 石油・天然ガス小委員会委員。2021年から東商 日メコン小委員会アドバイザリー・ボード。国内外のインフラ・資源エネルギー分野の案件形成、PPP/PFI、ファイナンス、M&A案件に多数関与。国土交通省の海外不動産業官民ネットワーク(J-NORE)や中堅・中小建設業海外展開推進協議会(JASMOC)での講演実績も有する。
岸田 梨江 (きしだ りえ) 氏
2004年一橋大学卒業、2007年慶応義塾大学法科大学院終了、2008年弁護士登録。2014年シカゴ大学ロースクール卒業。2014~2016年国土交通省に出向。インフラ・建設、エネルギーの分野を主要な取扱分野とし、国内外の各種インフラ・建設プロジェクトにおいて、コントラクター・事業者等の立場から多数の案件に関与。関連著作・論文として、「海外建設プロジェクトにおける契約管理 (1)-(3)」(JCAジャーナル4-6月号、2017年)等。